品川区
オリンピック・パラリンピック
特設サイト

ビーチバレーボール

砂の上にネットをはって行う2人制のバレーボールです。
がポジションは決められておらず、都度変化する自然環境の中、 2人で守備し、攻撃を仕掛けます。

ポイント・見どころ

風向きや太陽の日差しなどコート面により環境が異なるため、両チームの合計点が7の倍数になるごとにコートチェンジを行います。
自然の影響を考えながら戦うことも面白味のひとつです。
2人で広いコートを守り、攻撃するには、相手の動きを予測することも重要です。戦術や駆け引きも見どころとなるゲーム展開はスリリングで魅力的です。

ルール

会場

コートはインドアバレーよりも1m狭く、片面8mx8m(全長16×8m)のコートで戦います。
※サイドライン& コートラインの幅を含見ます。コートの周囲(Free Zone) は、コート・エンドラインから図り、5mから6mのスペースが必要です。

ネットの高さはインドアバレーと同じく、男子2m43cm、女子2m24cmです。ネットの大きさは長さ(横)8.5m 幅(縦)1m(プラスマイナス+/-3cm) 網目1マス10cmの正方形となります。

コート表面は出来るだけ平坦でプレイヤーが負傷する危険がないようにします。

チーム
1チーム2人で2チームで、砂上で戦います。
控えの選手はいません。
勝敗方法
1セット21点の2セット先取で、3セットマッチ(3セット目は15点です。)のラリーポイント制です。
デュースの場合は2点差がつくまで行います。
チームはネットを越えてボールを返すために最大で3回(ブロックのワンタッチは1回に数える)ボールに触れることができます。
道具
ボールは国際バレーボール連盟(FIVB)が公認しているビーチバレーボールを使用します。
円周 66cm から 68cm
重さ 260g から 280g

品川区独自ボランティア“しなすけ”始動!!

しながわ2020スポーツ大使

この3つの競技に関連する情報や品川区の活動を動画を通して皆様にご紹介いたします。

品川区では、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技のうち、区内開催のホッケー、ビーチバレーボール、区応援競技のブラインドサッカーの3競技を応援しています。

この3つの競技に関連する情報や品川区の活動を動画を通して皆様にご紹介いたします。

TOP