品川区
オリンピック・パラリンピック
特設サイト

ホッケー

サッカーと同じで1チーム11人。
ゴールキーパー1人、フィールドプレイヤー10人で構成されます。1m弱の長さのスティックを使い、ボールを押し出す、打つ、転がすなどして、相手ゴールへ入れ、得点を競います。

ポイント・見どころ

ボールのサイズ、重さは、硬式野球のボールとほぼ同じです。
そのためパスやシュートのボールスピードが速く、シュート時の最大時速は150㎞~200㎞に達することもあり、予想を超える迫力があります。
また、するどいシュートやパスだけでなく、大きくボールを浮かせるロングパス、ドリブルで相手選手を抜き去るスティックさばきなど、試合展開に緩急があり、目を離せません。

ルール

会場
男女とも、競技フィールドはバックライン60ヤード(55m)、サイドライン100ヤード(91.4m)の長方形で、サッカー場よりもひとまわり小さいサイズです。
ゴールはハンドボールとほぼ同じような大きさで、ゴール前に「サークル」と呼ばれるシューティングゾーンがあり、その中からスティックを使いシュートされたボールが入れば得点となります。
チーム
試合は1チーム16名。フィールドに立つことができるのは11名以下。
選手の交代は試合中自由にでき、同じ選手を含め何回でも行えます。
試合時間
国際大会をはじめとした大会は、各15分の4クオーター制 (計60分) で実施されます。
1クオーター と 3クオーター の後は2分、2クオーター 終了後は10分のハーフタイムが設けられます。
勝敗方法
決められた時間内で得点を多くとったチームが勝者となります。
同点の場合は延長戦を行い、得点が入った時点で試合終了のゴールデンゴール方式がとられます。
決着がつかない場合は、サッカーのPK戦にあたるPS(ペナルティーストローク)戦が行われ、5名ずつのシューターによって争われます。
道具
スティック

先端部が湾曲した形状で(金属もしくは金属を含む材質以外で)作られた棒状のものです。重さの制限はあるりますが(最大重量737g)長さの制限はありません。

ボール

重量:156g以上、163g以下 /周径:224mm以上、235mm以下(野球の硬球に近い。)
表面:なめらかでなければならないが、縫い目やディンプル・ボールのくぼみは認められる。
色:白色または合意に基づく色

品川区独自ボランティア“しなすけ”始動!!

しながわ2020スポーツ大使

この3つの競技に関連する情報や品川区の活動を動画を通して皆様にご紹介いたします。

品川区では、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技のうち、区内開催のホッケー、ビーチバレーボール、区応援競技のブラインドサッカーの3競技を応援しています。

この3つの競技に関連する情報や品川区の活動を動画を通して皆様にご紹介いたします。

TOP